語学の教室で海外の情報通になろう

たくさんの語学があり、それを教える教室がたくさんありますが、違いを見つけることこそ、大切なことだと思います。

語学の教室で海外の情報通になろう

語学の教室で学ぶべきこと。

「日本人なのだから、他の国の語学の前に日本語をしっかり学びなさい」こんなことを言っていられる時代ではなくなってきているような気がします。
世界はどんどんボーダーレス化してきており、簡単に世界中の人とつながりを持てるようになりました。
それに伴い、世界の共通語ともいえる英語を学習する必要が出てきていると思います。
特に、日本は少子高齢化が急速に進んでいます。
つまり、国内市場は縮小しているということです。
今後、現在の経済規模を保っていくためには、日本国内のみならず、海外に進出してくことが求められると思います。
それを見据えてかはどうかはわかりませんが、巷には英会話教室で溢れかえっています。
英語くらい話せて当たり前という時代が、すぐそこまで近づいてきているのかもしれません。

英語を完璧に取得するかどうかは別として、英語に触れることは大切な事なのかと思います。
なぜなら、言語にはそれぞれの考え方が反映されていると思うからです。
日本語と英語というのは、考え方一つとってもまったく異なると言っていいと思います。

でも、それは他の言語を勉強しなければ気がつくことができません。無人島で生活していれば、自分がどのような特徴を持っているか、認識することができないのと一緒です。
つまり、比較することで、特徴がわかってくるということですね。その意味もあり、英語を少しでもかじってみることが、大切なのではないかと思います。


他の世界を見て気がつくこともあると思います。
英語の勉強は、その第一歩としてはいい機会なのではないでしょうか。

関連情報

Copyright (C)2018語学の教室で海外の情報通になろう.All rights reserved.